将来的にもインターネット技術が社会に大きな影響を与えていく限り、Web開発を取りまく業務は拡大していくでしょう。
しかしエンジニアとして注意しておきたいことは、現状のスタイルのままでも安泰だということではありません。

インフラ環境が高速化すれば今以上の可能性が開けていき、各分野のスペシャリストが時にオーバーラップしながら柔軟に働くことが予想されるからです。つまり、得意な分野を持つエンジニアがもう1つ2つと関連する業務を担うことが当たり前となるでしょう。

求められるニーズが高度になり、それに対応するための知識や役割りが複雑になるはずですから、エンジニアとして生き残るためには自身のキャリアプランをどんな風に立てて行くのかが重要になります。

例えば、熟知したプログラミング技術があったとしても、新しいプログラミング技術が時代の主流にならないとも限りません。Web開発は求められたニーズのために行われるものですから、社会や時代が移ろいで行けばエンジニアへの要求も変化します。

Web開発は、その性質上エンジニアに積極的な行動を求めます。それは技術的な側面もありますが、プロジェクトを遂行させるコミュニケーション能力や決断力、さらには折衝能力と幅広くなるばかりです。

Web開発の未来は明るいと言える一方で、個々のエンジニアには効率的で柔軟な思考を問うことが増えるでしょう。つまりは時代の変化に取り残されない向上心と牽引する成長性が不可欠になるでしょう。

その他、Web開発で必要とされる具体的なスキルや収入の得方などはこちら・・・Web開発求人を勝ち取ろう!