ショッピングサイトの検索欄など、サイトの機能面をプログラミングによって充実させるのがWeb開発の仕事です。

HTML・CSSなどのプログラミング用語が必要不可欠となります。
新たな技術が日々更新されていくので、日頃から自分の能力を磨かなければなりません。最新技術をいち早く自分のものにできる人こそ、Web業界で生き残っていくことができるのです。

Web業界において年齢が上がるにつれて「最新技術の発展に取り残されていくのではないか」という不安を抱える人が多くなっています。10年も経てば、構造が全く異なる技術が発信されてもおかしくありません。
年齢が上がれば誰しも記憶力は衰え、専門知識を吸収するのが難しくなります。

そんな時に考えるのが、技術職から管理職への転職です。
管理職は、プログラミングよりも人材のマネジメントに重点を置きます。最新技術に関する多少の技術は必要ですが、技術者よりはその能力が求められません。

管理職はプロジェクトマネージャーとしてチームを統括しながら、採用担当などを兼ねることが多いようです。プロジェクトマネージャーはプログラミングの現場に就き、個々の負担を均等に分散し正当な評価をすることが仕事です。
企業を客観的に見ることができるので、プロジェクトマネージャーを経て再び技術職に戻る人も多くなっています。

採用担当は、一般企業のように新卒採用や中途採用の面接などを担当します。大手企業でなければ採用人数が少ない傾向にあるので、プロジェクトマネージャーなどを兼任しながら行うことが多いようです。